プロフィール
いしやん
いしやん
東京都世田谷区在住。    B‐boyのつもりが、最近めっきり ビールボーイ。
建設会社に勤務の38歳。
接待で始めた趣味にここまでハマるとは・・・。いつの間にやらジャンキーに。
あの頃の自分に伝えたい。「もう引き返せないよ」って。。。
全国の新米親父に幸多かれ!!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 31人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2016年07月28日

『Mk18』姫 魅惑の握り心地

最近のAR界隈では「立ったグリップ」



つまり、レシーバーに対して直角に近いグリップが流行の様子。
(o^-')b トレンド♪



ただ…個人的に、あの形状は優雅さがない…と思うワケです。



そこで、TangoDown社製「DG-16」を手に入れてみました。
( ̄∇+ ̄)v キラ~ン


いささか時代に逆行している感はありますケド。



ここにきて、ようやく導入しましたゼ。



ずっと、この曲線美の溢れる形状に惹かれてたんスよ。
(* ´艸`) ムフ♥



オサンには堪らないワガママな腰付きのボディ。



左右の厚みは薄く、前後に形状の変化があるのが特徴。



親指の付け根で握り込み、小指球で支える感じです。
アノネ... (ノ゚ー゚(  ̄3 ̄) ホゥ...


最初は違和感を覚えますケドも。



慣れるにしたがって、保持力の高さを実感します。
Σ(゚∀゚ *) イイジャン!!



このクビレが目眩き握り心地を演出するのでしょう。



やっぱりクビレは正義ですゼ。



さて、あらためてMAGPUL社製「Miad」と比べてみました。
(-_\)三(/_-) ドレ、ドレ...


「Miad」は、太さに握り易さを求めたようなデザイン。



また、様々なグリップパネルが用意されているのも特徴ですよね。



グリップパネルを交換することで、握り心地の最適化を図れます。



スッと握って、自然に馴染む…そんな印象です。
ヽ(* ゚∀゚)ノ パッ♪






対して「DG-16」は、そこまで親切じゃないッス。
( ̄~ ̄;) ウ~ン



全体的に幅は薄く、握りをコントロールする必要があります。



レシーバーに対する取付け角度も浅いので、掌で包み込む感覚です。



自ら握り込んで、一番良い塩梅を探す感じですね。
(; `д´)σ ドコダ...?


「Miad」と同じく、「DG-16」もグリップ内にストレージがあります。



CR123なら2本は収納可能ですゼ。



ただ、蓋となるグリップエンド自体に機械的なロック機能はありません。
Σ( ̄□ ̄;) エッ...?



ストレージに凸状の突起を嵌め込んで固定します。



きつい位にグッと嵌るので不意に外れることはないでしょう。



ただし、閉じ方に若干のコツが要るのは難点。



頻繁に開閉する場所でもないですし、気にはなりませんね。
(*´∀`)9 ノープロブレム♪


久し振りにグリップを交換しましたが、これは良いモノですね。



構えた際の印象もガラッと変わりましたし。
(*´∀`) イイネ!



まだまだ『AR』道は深いっすな。




いつも、ご来場ありがとうございます。
またのお越しを…お待ちしておりますよ。  

Posted by いしやん at 07:46Comments(6)TangoDown