プロフィール
いしやん
いしやん
東京都目黒区在住。B‐boyのつもりが、最近めっきり ビールボーイ。建設会社に勤務の39歳。接待で始めた筈が・・・いつの間にやらARフリークスに。あの頃の自分に伝えたい。「もう引き返せないよ」って。ただ今ODA装備を深耕中です。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 31人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2014年03月10日

「SF M620C」 最適なセッティングを求めてみる。

「M620C」も、これで最終セッティング。


「LT752E」に載せて、定位置にアッセンブルしましたヨ。
゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+ ヤホ~イ♪





やっぱり、この位置が美しいのです。





ただネ…ここに至るには紆余曲折がありました。
。・゚・(ノД`)・゚・。 カタルモ、ナミダ...


…と言うのも、、、

「M620C」は「M95X」系と比べて、ボディが短いのです。
Σ(´д`ノ)ノ ナニッ!?



特にテール側の長さが。
(* ´Д`)=3 ハゥゥ...






コレがまぁ、厄介な問題でして…。


なるべくライトを銃口側に寄せたいという希望。


それに対して、コード長が絶妙に足らないのです。
(ψ`皿´)ψ キィィィ!


加えて、「フォア・グリップ」後方へ回す分のコード長も必要です。
( ̄~ ̄;) ウ~ン...






じゃあ、位置を変えれば良えやんと思いつくも、、、

「フォア・グリップ」の位置変更は構え易さに直結するので却下。
(ノ*`Д´)ノ ダメダァ!!






ワタワタとアレコレやっても、どうしても届かず…。
・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ ) ヨチヨチ...


もう、「M620C」を理想の位置から1スロット手前に設置するっきゃね~。


…という苦渋の決断に至るのでした。
(ノ´Д`)ノ ア~ン...






併せて「レイル・グリップ」も1スロット前に出す為、再び削り込むことに。






途中、デザインナイフの歯が折れて顔に飛んできたり。。。
Σ(´ロ`ノ)ノ ヒッ、ヒィィィ...!!



平面が出ない~!!



…とか大騒ぎしながら、ゴリゴリ手作業してました。
ヽ(´Д` ;≡; ´Д`)ノ ドタバタ...


作業する事、小一時間。


四苦八苦しつつ、ようやく納得の仕上がりに。
(*`ー´)9 Yes!!






手工業の国、ニッポン万歳。
(ノ´∀`)ノ バンザイ♪






手を掛けるという事は、それ即ち「愛」。


この納まりは、愛の結晶です。
(´∀`*) ウフフ♥


しかし、、、

終始、「リモート・スイッチ」に振り回されっぱなしでした。
(w_-;) ウゥゥ...






いつも思うのですが、このコードって短いですよねぇ。


あと30mmほど長ければ、ガラリと使い勝手が変わってきますのに…。






その30mmが悩ましいワケです。
(ノ。><)ノ ナンデジャ~!



どこか、カスタムしてくれるショップはないものか…。
o((=゚エ゚=))o ドラエモ~ン...




お越しいただき、ありがとうございます。
また次回も、お立ち寄りくださいませ~。  

Posted by いしやん at 08:06Comments(0)SF M620C

2014年02月18日

『SF M620C』 無い物ねだりは百も承知ノ介。

光学機器ってのは、、、

いつでもヲトコ心をくすぐるモノなのです。
ゝ( ´∀`)メ(´∀` )ノ キャッキャ




先日、GETした「SF M620C」。




ホントに明るくて良いですネ。
(* ´3`) ン~ッマ♥


点灯させる度に、“うっは~♪”ですヨ。



家に帰るのが、これ迄に増して楽しくて仕方がない。
−=≡ヘ(* ゚Д゚)ノ タダイマ~♪






忘れ掛けていた、あの光量。


これぞウェポンライトですゼ。
( `д´)9 Yes!!






LEDは病み付きになりますネ。


白色な分、より明るく見えるって事もあるのでしょうケド。
(゚Д゚ *≡* ゚Д゚) ドウナノデショウ...?


こんな小型で200ルーメンとか、、、

日進月歩の技術革新には、心底から驚いちゃいますよぅ。
Σ(`□´ ;) スゲェ!!







…メーカーが出力を搾り上げてるってのは、内緒ですが。
アノネ... (ノ゚ー゚(; ̄□ ̄) ナヌッ!?



だって、LEDで実用ランタイムが120分とか…。


省消費電力特性って概念は、一体ドコに行った!?
(」`ロ´)」 オォ~イ!






それも“ヤンキーっぽい”と言えば、確かにヤンキーっぽい。
(  ̄3 ̄) Yankee Doodle Boy♪



そういうトコロ、嫌いじゃないッス。
(〃▽〃) キャ~♪


でもネ…ボクは残念でならないッス。
( ̄~ ̄;) ウ~ン





それが「テール・キャップ」。


「M620C」には、二種類のキャップが同梱されてます。


「プッシュスイッチ」用と「テープスイッチ」用ですネ。
(*  ̄ー ̄)b デス





どっちか好きな方を選べとか、、、

そんなの、ボクに出来るワケがないじゃないかっ。
(ノ ´Д`)ノ ムリッ!



だって…どちらも好きなんだもの。
ヘ(゚∀゚ヘ) アヒャ♪


それは、それとして、、、

「XM07」モジュールを使用する「M95X」の利点。





「プッシュ/テープスイッチ」を併用可能な所じゃないかと。


左右どちらでもコントロール出来るって、素敵。
ヽ(゚∀゚ *)ノ パッ♥





判ってます。



「Scout Light」の細身なボディには、そりゃ酷な注文ってもんです。



それは判ってますヨ。
( ̄~ ̄;) ウ~ン


それでも理想の使い勝手を求めるのが消費者心理。


美人には、全てにおいてパーフェクトであって欲しい!


…いや、足りないからこその“Love長久”なのかも…。
Σ( ̄□ ̄;) ハッ...





満たされないからこそ、より愛おしい。



人間とは、何と重い業を背負って生まれてきたのか…。
(; ´Д`) セツナイ...





まぁでも…。

その内にオプションとして出してくる気がしないでもないっすな。
щ( ̄∀ ̄)ш ケケケ



その日を楽しみにするとします。
(★`▽´)y-°°°° ソウシマス 




お越しいただき、ありがとうございます。
またのご来場、心よりお待ちしておりますよん。  

Posted by いしやん at 07:36Comments(0)SF M620C

2014年01月27日

「Surefire M620C」 このシンプルさが良いワケです。

「M952V」が壊れて以来、、、

『Mk18』姫のライトは、ただの飾りになっておりました。






でも、それじゃイカ~ン!!
“(*`Д´*)ノ)) ダメェ!!






…という事で、新しいライトを買うことに。


なんと、「Surefire M620C」ですゼ。
( ̄∇+ ̄)v キラ~ン


散々、何を買おうか迷ったのですけど。


周りで「M952V」の点灯不調が続出してますし…。


もう「V (ヴァイキング)」シリーズは懲り懲りです。
(♯゚д゚)、 ペッ






結果、シンプルな機構を求めて購入にいたりました。






カラーは“TAN”。


ここは「M952V」を踏襲しての挿色チョイスどす。
(*`ー´)9 Yes!!


買うなら「M600C」か「M620-Ultra」でしょ!


…それが今の世の潮流でござる。








でもね、どうも好きになれそうもないのですヨ。
( ̄~ ̄;) ウ~ン...








まず、「M600C」は“片持ち感”が凄いワケです。
(ー'`ー;) ムムッ




如何に“キャンチ構造”と言えども、、、

見た目も、取り付けた時のバランスもイマイチじゃないかと。
ナンカ... (; ´Д`) カッコワルイッス...


その点、「M620C」にはドシッとした安定感があります。
(o^ー')b ネッ!


「M95X」シリーズとも共有のマウントですし…ネ。


まさに良いトコばかりじゃないかっ。
(* ´艸`) ウフフ...






あっ…!


今、全国の「M600C」ファンを向こうに回したなぁ。
(# ゚∀゚);y=-(・ω・)・∴゚. タ~ン


まぁ、コレは…あくまで個人的な意見なので悪しからず。
(A; ̄∇ ̄) アハハ...








そして、「M620-Ultra」は500ルーメン



これがボクには“過ぎたる物”なワケで。。。

流石にアレを…人に向けて照射する気にはなれません。
(ノ ´Д`)ノ ムリ...


…という事で、「M620C」に落ち着きましてん。


それでも、200ルーメンの威力は凄まじいッス。
ピカッ♪ (* ゚∀゚)σ<≡Σ(`□´ ノ)ノ ウオッ!?


ちょっと明る過ぎる位じゃないかと思う次第。






何よりスッキリした形で、格好良いの一言。


早速、ベタベタに惚れ込んじゃいましたヨ。
(´∀`*) スキ♥




覗き見、立ち読み、ありがとうございます。
またのご来場、心よりお待ちしておりますよん。  

Posted by いしやん at 07:45Comments(4)SF M620C