プロフィール
いしやん
いしやん
東京都世田谷区在住。    B‐boyのつもりが、最近めっきり ビールボーイ。
建設会社に勤務の38歳。
接待で始めた趣味にここまでハマるとは・・・。いつの間にやらジャンキーに。
あの頃の自分に伝えたい。「もう引き返せないよ」って。。。
全国の新米親父に幸多かれ!!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 31人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2017年05月08日

『M733』 バレルエクステンションをGET。

購入当初にマグナ化とブルズアイバレルを仕込んだ『M733』。



マグナ、そしてブルズアイは『WAM4』のアイデンティティ。



最近は『WA M4』の影が薄くなっていますケドも…。



まだまだ「GBB系M4」界隈では、WA社が頂点だと思います。



…つまり、ボクの『M733』は既に性能面では必要十分なレベル。
(*´∀`)9 Yes!!


そこで、見た目と機能を満足させていきましょう。



今回、換装するのは「バレルエクステンション」



本来、このパーツはWA純正でも充分です。
(*`ー´)b OK♪



ただ、見た目がイマイチなのでステンレスに変更します。



本音はPrime社製がベストなのですが、今では貴重品。



すぐに入手は難しいので、5-KU社製を調達しました。



見た感じ、作りも仕上げも良さそうです。



多少の問題は調整できますし。



我々にはその力がある!…と思うのですよ。
ヽ(`д´ *)9 ビシッ!!



…「我々には」…?
( ̄∇ ̄ ) ...ン...?



結局、今回も困ったらエアボーン新宿に持ち込む気マンマンです。
ヘ(゚∀゚ヘ) アヒャ♪




お読みいただき、ありがとうございます。
また次回も、よろしくお願いしますよ~。  

Posted by いしやん at 08:21Comments(4)M733 【Prime】

2017年05月02日

『M733』 分解してみれば犯人はオマエか。

麗しの『M733』。



なのに、よくよく見るとバランスが微妙なんスよ。



何となく間延びした印象を受けるのです。



そんなの無視をすれば…と思いますケド。
(  ̄3 ̄) ソウナノカ...?


だけど、違うものは違うわけで。



喉に小骨が刺さった様な感触。



なんだか気持ち悪いっす。
( ̄~ ̄;) ウ~ン



暫く眺めていますと、はたと気付く事がありまして。



さっそく分解してみましたよ。



やっぱり、アウターバレルのフランジが諸悪の根源。



G&P社製の電動用アウターと同じで、かなりの厚みがあります。
Σ(`□´ ;) ヤッパリ!!



これは推測ですけども。



元々、電動用を各部の寸法を見直さずにWAに転用したのじゃないかと。



フランジが厚いとバレルロックが正しい位置に納まりません。



結果、全ての位置関係が前方にオフセットされてしまいます。
(ノ*`Д´)ノ コノヤロ~!!


しかも前方パーツの配置で全体の辻褄を合わせているのですよ。



これでは改善が難しそうです。



ならば、フランジの後側を削れば良いかも…!!
ヽ(* ゚∀゚)ノ パッ!



…と思っても、それではチャンバーが納まりません。



こういう寸法のアヤフヤさが、眺めた時の違和感なのでしょう…。
ヽ(´Д` ;)ノ アゥア...


11.5in.のアウターバレルは希少で、簡単に換えがあるわけもなく。



しかも、A1系の外径の細いアウターを何処が作っているのかと。
(-_-;) コマッタ...



もちろん、“ワンオフ”という手段もありますが。



そうなると、費用対効果は度外視です。



しばらくは我慢ですね…。




お越しいただき、ありがとうございます。
また次回もお会いできますように。  

Posted by いしやん at 09:04Comments(0)M733 【Prime】

2017年02月28日

『M733』 とりあえず現状確認。

ボクの『M733』も外装が整ってきました。



拡張性の高さこそAR系の真髄。



勿論、それはそれで楽しいワケですが。



一方でクラシカルなモデルも突き詰める。



そんな数寄もあるんじゃないかと思うんですよね。
(*`ー´)9 デスヨネ♪


『A1』から『A2』に至る過程のアッパー。



華奢な『A1』とグラマラスな『A2』。



その中間にありつつも、絶妙なバランスを保っている感じ。



これが格好よくて堪らないワケです。
(*`艸´) ムフン♥


外装部品の換装も、ひと段落しましたし。



これからは中身をブラッシュアップしたいッスね。



マッタリと、急がず、慌てず、ジックリと。



『M733』は盆栽のような楽しみ方が正解。
゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+ サイコ~!!




お立ち寄りいただき、ありがとうございます。
また次回も元気でお目にかかれますように〜。  

Posted by いしやん at 07:48Comments(0)M733 【Prime】

2016年12月28日

『M733』 セイフティはコレで良し。

相変わらずノンビリと『M733』を改修してます。
ヽ(○´3`)ノ フフ~ン♪



いつ果てるとも知れない道ですな。



それもそのはず。



愛でれば愛でるほどに気になるポイントがっがっが…。
(ψ`皿´)ψ グムム...


以前、在庫で凌いだ「セレクター」



構えると自然に視界に入る位置ゆえに。



いつもいつも、ムムム…となるワケですよ。
(ー'`ー;) ムムッ...



じゃぁ、仕上げ直しだっ!



…というほどの技術も時間もありません。



なので、いつもの様に易きへ流れたいと思いますヨ。
ヘ(゚∀゚ヘ) アヒャ♪


そうとなれば、お目当はコレですぜ。



「Viper tech」のセレクターを購入しました~。
(///∇//)ノ[Ц・゚・。 カンパイ!



手持ちの『WA系 AR』は、全てコレにする位のお気に入り。



なにせ、『WA M4』用として最もリアルと評判のセレクタ―です。
ヽ(´∀`)9 ビシ!!


見ていただくと判りますが…。



右のパーツ(G&P社製)と比べ、レバーの長さが違います
(σ `д´)σ ビシッ!



この長さこそ、より実物に近い形状だそうです。



言われなければ気付かない。



でも、全ては、“アーマライト愛”っすぅ。
(* ´3`)゚.:。+♥ン~マッ♥


アタリの取れていないパーツなので、まずはグリスアップ。



このひと手間が後々の違いを生むと思いたいっすね。



さて、セレクターを組む時はフルオートシアを外すのが定石です。



…ですが、もっと簡単な方法がありまして…。
(* ゚▽゚)b ジツハ...


…って、もう既に記事にしちゃってるじゃん。
Σ( ̄□ ̄;) ...ハッ...!?



ということで、興味があるという奇特な方はリンク先へどうぞ。



シアスプリングを持ち上げつつの作業となりますが、最も楽な方法かと。
(ノ´∀`)ノ オタメシアレ♪


あとは、ディテントピンを押し下げながらスルッと嵌め込みます。



組み込んでみると…良い
(σ゚∀゚)σ イイッ!



やっぱり、リアルな形状をしてますねぇ。



形状はモチロンですが、何より仕上げが良いのです。



錆び知らずの素敵パーツっすよぅ。
ヽ(* ゚∀゚)ノ パッ♪


パッと見た感じ何も変わりませんし、機能にも違いはありません。



でも、微に入り細を穿つことこそ、“AR フリークス”の喜び。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。 アハハ...



少しずつですが、理想の外観に近づいてきました~。




今日もお越しいただき、ありがとうございます。
それでは次回も、よろしくお願いしますね~。  

Posted by いしやん at 07:47Comments(2)M733 【Prime】

2016年11月07日

『733』微妙なアップグレードが楽しい。

しばらく止まっていた『M733』のアップグレード。
Σ( ̄□ ̄;) ハッ...!



ずいぶん前に入手したピボットピンとテイクダウンピン



半年の時を経て交換しました。



やっぱり、色目が締まって良い雰囲気になりました。
(ノ*`∀´)ノ ヨッシャ~!!


さて、作業を振り返りましょう。
(ノ ´∀`)ノ マイリマショ~!



当初、ピボットピンは難なく交換できたんスよ。



もうね、勝手知ったる道のり。



…鼻歌気分で作業を進めていたのですよ。
(* ´3`)=3 フフゥ~ン♪


…でも世の中…そんなには甘くなく。






問題はテイクダウンピンだったんスよ。
Σ(`□´ノ)ノ マジッ!?






ネジ留め剤が強力なのか…抜けません。



ドライヤーでチンチンに熱しても、ビクともしない始末。
ウラァァァ!! (* `д´)σ=3 ブヲォォォ!


ついには…ネジをナメてしまいました…。
( ̄□||||) ガ~ン...!!






この野郎…。



上等じゃないか!…と。






勢い余って、テイクダウンピンの頭を切り飛ばしました。
(♯ -_-) ...ブチッ...!!






もうね、頭に血が上ってしまったんです。



ただただ、ひたすらに金鋸を引き続けること、小一時間。
ウラ、ウラァ! (♯ д)(* `д´)(♯ д)(* `д´) ウラ、ウラァ!


たとえ見境が無くなろうとも…。



レシーバーを傷付けないよう、作業は慎重に。
(* `▽´)ゝ ...デ、アリマス!



ようやく、頭が落ちた時の爽快感たるや異常



Rockyの“Going The Distance”が頭の中でリピートしっぱなしでした。
シュッ!シュッ!! (o `д´)=◯)) エイドリア~ン!!


さて、コレでスルっと抜けるはず。



無事に古いテイクダウンピンが抜けました。
(A; ̄д ̄)=3 フゥ...



正直、もちょっと賢い方法もあったように思いますが…。



あとはディテントピンを押し込みつつ、テイクダウンピンを挿入。
(ノ゚∇゚)ノ トゥ!!


新規パーツ同士の場合、変なクセがつくのは怖いもの。
(((((;゚ロ゚))))) ガクガクブルブル



アタリが取れるまでは、接点にグリスを塗布しておくと宜しいかと。



そんなこんながありまして、何とか装着。



やっぱり、グッと締まりますネ。
ヽ(* ゚∀゚)ノ パッ♪


見た目の小さなパーツではありますが。



見た目に大きな影響を与えるパーツです。
(*`ー´)9 デスヨッ!



全体的な印象を高めるには効果的な作業っすな。




お越しいただき、ありがとうございます。
また次回も覗いていってくださいな~。  

Posted by いしやん at 07:51Comments(0)M733 【Prime】