プロフィール
いしやん
いしやん
東京都世田谷区在住。    B‐boyのつもりが、最近めっきり ビールボーイ。
建設会社に勤務の38歳。
接待で始めた趣味にここまでハマるとは・・・。いつの間にやらジャンキーに。
あの頃の自分に伝えたい。「もう引き返せないよ」って。。。
全国の新米親父に幸多かれ!!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 31人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2017年05月02日

『M733』 分解してみれば犯人はオマエか。

麗しの『M733』。



なのに、よくよく見るとバランスが微妙なんスよ。



何となく間延びした印象を受けるのです。



そんなの無視をすれば…と思いますケド。
(  ̄3 ̄) ソウナノカ...?


だけど、違うものは違うわけで。



喉に小骨が刺さった様な感触。



なんだか気持ち悪いっす。
( ̄~ ̄;) ウ~ン



暫く眺めていますと、はたと気付く事がありまして。



さっそく分解してみましたよ。



やっぱり、アウターバレルのフランジが諸悪の根源。



G&P社製の電動用アウターと同じで、かなりの厚みがあります。
Σ(`□´ ;) ヤッパリ!!



これは推測ですけども。



元々、電動用を各部の寸法を見直さずにWAに転用したのじゃないかと。



フランジが厚いとバレルロックが正しい位置に納まりません。



結果、全ての位置関係が前方にオフセットされてしまいます。
(ノ*`Д´)ノ コノヤロ~!!


しかも前方パーツの配置で全体の辻褄を合わせているのですよ。



これでは改善が難しそうです。



ならば、フランジの後側を削れば良いかも…!!
ヽ(* ゚∀゚)ノ パッ!



…と思っても、それではチャンバーが納まりません。



こういう寸法のアヤフヤさが、眺めた時の違和感なのでしょう…。
ヽ(´Д` ;)ノ アゥア...


11.5in.のアウターバレルは希少で、簡単に換えがあるわけもなく。



しかも、A1系の外径の細いアウターを何処が作っているのかと。
(-_-;) コマッタ...



もちろん、“ワンオフ”という手段もありますが。



そうなると、費用対効果は度外視です。



しばらくは我慢ですね…。




お越しいただき、ありがとうございます。
また次回もお会いできますように。  

Posted by いしやん at 09:04Comments(0)M733 【Prime】